横浜駅西口 カウンセリング・精神分析・行動療法・認知療法・催眠療法・箱庭療法などの総合的な心理療法に取り組んでいます。

ホーム > ご相談内容 > 能力開発 > 本番で力を発揮する > 表紙用1

いざという場面での実力発揮や、日常からの能力向上など

本番で力を発揮する

スポーツや音楽の世界などで、「身体のトレーニング」だけでなく「心のトレーニング」が必要という考えが一般的になっています。

この「心のトレーニング」である「メンタルトレーニング」は、プロの演奏家やプロのスポーツ選手、オリンピック選手など、一部の方の間では昔から行われていました。
しかし、最近では、幅広く色々な範囲の方が、このトレーニングを取り入れる様になってきました。

センターでは、プロの方からアマチュアの方まで幅広く色々な分野の方がトレーニングにいらっしゃっています。

「事前の練習やリハーサルでは上手く行くのに、本番になると実力が発揮出来ない。」
「いざという場面で、失敗の経験や上手く行かなかった経験を思い出してしまい、緊張してしまう。」
「大きな試合や発表があり、自分の実力が発揮出来るか心配だ。」
「イップスになってしまい、解消したいが中々改善出来ない。」

トレーニングの目的は、「問題の改善」から、「さらなる実力の発揮」まで様々です。

不安や緊張をコントロールし、成功のイメージを持ち、自信を持って本番に望める様に、トレーニングを行う方の状態に併せて、一番効果的なトレーニングを組み合わせて行います。

また、トレーニングによって築いた「タフな心」は、専門領域だけでなく、様々な場面へ応用する事が出来ます。

センターでは、お一人毎に、トレーニングのプログラムが異なります。
その方の状態を詳しく伺わせて頂き、効果的なトレーニングの詳細をご案内致します。
まずは、初回無料相談をお受け下さい。

●トレーニング分野の一例

スポーツ
・野球、サッカー、テニス、バレー、卓球などの球技
・柔道、剣道、ボクシングなど格闘技
・その他、陸上競技、ウィンタースポーツ、マリンスポーツなど
 など

音楽
・ピアノ、ヴァイオリン、サックス、ギター、など、各種楽器の演奏
・声楽、コーラス、バンドヴォーカル、カラオケ、など歌唱
 など

芸術発表
・演劇
・バレエ
・ダンス
 など

※他にも沢山の種目/種類の方がいらっしゃっています。