横浜駅西口 カウンセリング・精神分析・行動療法・認知療法・催眠療法・箱庭療法などの総合的な心理療法に取り組んでいます。

ホーム > 行っている面接方法 > リラクセーショントレーニング > リラクセーショントレーニング

効果的に日々の安定や能力向上を作り上げます

横浜心理トレーニングセンターの「総合的な心理療法」は、一般の心理相談とは違い、カウンセリングだけではなく、複数の面接方法を、その方の状態や目的に沿って組み合わせて行い、単体での療法では得られない、高い効果を発揮します。

その中で、重要な要素として多くの方に行っているのが、自律訓練法・呼吸法・筋弛緩法・催眠法・暗示法などを組み合わせたオリジナルのリラクセーショントレーニングです。

あらゆる場面で、総合的にリラックスした状態を築くため、センターではこのトレーニングを「トータルリラクセーショントレーニング(TRT)」と呼んでいます。

TRTは、「どうしてこの症状が出てしまうのか」を知り、「どうすれば良くなって行くのか」をという心理学や生理学のポイントもお伝えします。

仕組みを理解し、意味に納得して行うトレーニングは、感覚を得やすく、上達も早くなります。

効果を得やすい段階的なトレーニング


トレーニングは段階的に行います。

・即効性のある基礎トレーニング
・感覚を深め、強化してゆく中級トレーニング
・得た感覚を日常で応用する上級トレーニング

といった段階があります。

その方の得ている感覚や、症状などの状態に沿い、一番効果を発揮する様に内容や進度を調整してゆきます。

知識をベースとし、その方に併せて段階的に進めるトータルリラクセーショントレーニングは、多くの方に高い効果を発揮しています。

トレーニングも適用範囲が広く、症状の改善からさらなる能力向上まで、数多くの方が、トレーニングをなさっています。

自宅で行うトレーニングも沢山あります

ご自宅でのトレーニングが沢山あるのもTRTの特徴です。
心地よく心と身体を整える感覚は、「行えば行っただけ良くなる」という行動療法の原則に従い、ご自宅で沢山行う事で、高い効果を発揮し、その積み重ねは、さらなる心身の安定を生み、ますます良い状態へと自分を導いてゆきます。

この積み重ねは、次第に「トレーニングとして懸命に行う」物では無く、「日常的に行う行動の一つ」になり、常に健康で安定した自分造りへと繋がってゆきます。

トレーニングの内容など、適した方法や進め方は、その方の状態やご事情などによっても大きく異なります。
どの様に進めてゆくのが良いのか、その内容を初回の面接の中でご案内させて頂きます。

代表的な面接方法


・自律訓練法

・行動療法(系統的脱感作法)

バイオフィードバック法

・イメージトレーニング

・筋弛緩法

・呼吸法

・催眠法


コラム