横浜駅西口 カウンセリング・精神分析・行動療法・認知療法・催眠療法・箱庭療法などの総合的な心理療法に取り組んでいます。

ホーム > 行っている面接方法 > 心理教育・心理コンサルティング > 意味や仕組みを知り、療法やトレーニングを効果的に

「なぜこの様な状態になってしまったのだろう」
「この症状を良くするには、何をしたら良いのだろうか」
「はたして、自分はどうなってしまうのだろうか」
「もうずっとこのままなのではないか」

心や身体に問題が生じた時、心配や不安が次々と出てきてしまいます。
横浜心理トレーニングセンターでは、面接の随所で、心理学と生理学の正しい知識についての話をプログラムに組み込んでいます。
知識を得る作業は、他の心理療法の効果を高めると同時に、気持ちを楽にしてゆきます。


知識が不安を軽減してゆきます


この様に心が動くのは、どの様な心理プロセスがあるのか?
問題やストレスがどの様に心身へ影響を及ぼすのか?
どの様に心や身体の動きは以下に連動し、症状が出てしまうのか?
心理療法や心理トレーニングはどの様な意図で、どの様な効果があるのか?
症状が治まってゆくには何が必要で、どうすれば状態が改善してゆくのか?

この様な知識を得る事は、「どうすれば良いのだろう」という不安が「何をすれば良いか」という考えに変わり、気持ちが楽になってゆきます。
そして、意欲的に心理療法やトレーニングに望んでゆく事が出来る様になり、面接の効果が高まります。


必要なケースワークも行います


また、心理学や生理学以外にも、状況に併せて色々な情報もお伝えしています。
・医療(正しい症状の伝え方、医師との関わり方)
・福祉(福祉の活用方法や、進め方)
・社会(企業や学校に対しての説明方法や対応方法)
など、問題の解決や、将来の危機回避など、その方の人生に大切な情報が沢山あります。

各分野の専門家が揃い、外部の専門家とも密接に連携を取っているセンターだからこその、きめ細かい情報を、必要に併せてお伝えしてゆきます。