横浜駅西口 カウンセリング・精神分析・行動療法・認知療法・催眠療法・箱庭療法などの総合的な心理療法に取り組んでいます。

ホーム > 行っている面接方法 > コミュニケーショントレーニング > 伝える想いを、互いを変える大きな力に

ご相談やトレーニングに通われる方に、心の伝え方や、思いの表現方法に関するトレーニングをお受けになる方が沢山いらっしゃいます。

トレーニングをお受けになる方の目的は様々です

夫婦間や職場などのこじれた人間関係を改善したい
人の輪の中に入れず、良い人間関係が築きにくい
誤解され、トラブルになってしまう事が多い
「うつ」「自律神経の失調」といった症状が、対人ストレスにより生じてしまっている
試験や面接など、目的達成の為に、表現能力を向上したい
困っている家族をサポートする為に、良い関わり方を学びたい

具体的に、コミュニケーションの問題での問題解決や能力開発を目的とされる方もいらっしゃいますし、心や身体のお悩みの相談の方で、面接を行い中で、その悩みの原因にコミュニケーションの問題を見出す方もいらっしゃいます。

コミュニケーションに関するテーマはその原因を探し、改善方法をカウンセラーと一緒に考えてゆきます

適切なタイミングと表現方法を用いれば、人間関係はやり直しが出来ます。
「覆水が盆に返る」のです。
一人でこの方法を考える事は、難しいのですが。センターでの面接の中では、カウンセラーと共に、「伝え方のコツ」を知り「適切な想いの伝え方」を共に考えてゆけるのです。

表現や接し方を変えれば、伝えた相手も変わります。

そうして、関係性を改善し、自分と相手とが相互に変わり、良くなってゆく。
その様な面接を行う事が出来ます。

また、ご相談の原因に発達障害(自閉症スペクトラム障害)の傾向が見受けられる方などは、コミュニケーショントレーニングを積むことで、人との関わり方を覚え、現実社会への適応が進む場合が多くあります。

どの様な方法が効果的か、何をどの順で進めてゆけば良いのか、詳しくは初回面接の中で話させて頂きます。

代表的な面接方法


・傾聴訓練

・アサーション(自己主張)トレーニング

・スピーチトレーニング

・表現訓練

・ソーシャルスキルトレーニング(SST)