横浜駅西口 カウンセリング・精神分析・行動療法・認知療法・催眠療法・箱庭療法などの総合的な心理療法に取り組んでいます。

ホーム > ご相談内容 > ご相談 > 心や身体の不調を改善する > 強迫、強迫性障害

強迫性障害(OCD、かつては強迫神経症と呼ばれていました)のご相談も、センターでは沢山の方がいらっしゃっています。
あることに対する不安が強く残り、その不安を打ち消す行為を、何回も繰り返してしまい、なかなか止めることが出来ずに、苦しんでしまいます。

○不潔恐怖
・何度も手を洗ってしまう
・何度もシャワーを浴びてしまう
・ドアノブやつり革などを触ることが出来ない
・人が触った物に触れることが出来ない

○加害恐怖
・物を壊してしまったのではないか?
・自分の運転で人を轢いてしまったのではないか?
・ホームで人を突き飛ばしたのではないか?
・刃物を持ったら、それで人を傷つけてしまうのではないか?
・事件を起こしてしまった心配が取れず、新聞やニュースを見たり、警察に電話をしてしまう

○不備への恐怖
・カギをかけ忘れたのかも?
・ガス栓を閉め忘れたかも?
・コンセントを抜き忘れたかも?
・郵便を間違った場所に投函したかも?
・ゴミを捨て損なったかも?

○対照・正確・順番・回数に関する恐怖
・○回行わないと止められない
・左右が揃っていないと気が済まない
・行動回数や個数が4や9になるのが我慢出来ない
・行動を途中で止めることが出来ない

この様な不安を振り払うために行う繰り返しの行動は、回数が決まっている場合もありますし、「気が済むまで」繰り返してしまうこともあります。

強迫も、センターの総合的なトレーニングが有効な症状の一つです。
沸き上がる不安に振り回され無い様、心身を安定させ、不安を自分でコントロールさせるトレーニングは、とても効果的です。

また、強迫は、症状が出てしまう理由や、悪化させない方法、改善するためのトレーニングの仕組みや効果など、症状に対する知識を深めてゆく事が、
高い改善効果があります。

その為、トレーニングと併せて、その方の強迫の原因となる心の在り方を詳しく伺わせて頂きます。

トレーニングの進め方やその内容など、詳細はその方によって大きく異なります。
まず、初回相談でお話しを詳しく伺わせて頂きます。

強迫症状にて、かつて悩み苦しみ、現在は克服し良くなられた方の御話を聞くことも出来ます。