横浜駅西口 カウンセリング・精神分析・行動療法・認知療法・催眠療法・箱庭療法などの総合的な心理療法に取り組んでいます。

ホーム > ご相談内容 > ご相談 > 心や身体の不調を改善する > 不眠

睡眠に関するご相談にも色々な種類があります。

・寝付きが悪い(入眠障害)
・途中で起きてしまう(中途覚醒)
・変な夢を見てしまう(悪夢・多夢)
・朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)

睡眠不足から、日中眠くなりボーッとしてしまう、記憶力・集中力が低下してしまう、といったお悩みで、多くの方がご相談にいらしています。

不眠の原因には、
・ストレスや心配事
・痛み、痒み、ぜんそくなどの身体症状
・うつ症状や不安障害など
・生活のリズムの乱れ
・薬の副作用や、ニコチン、アルコールなどの影響
など、様々なな事が原因となります。(場合によっては複数の原因が重なります。)

センターでは睡眠障害のご相談では、症状の原因を探りながら、それぞれの症状に併せた改善方法を身につける為のトレーニングを行います。

特に、心身を安定させるトレーニングは、即効性がある物から、持続性と安定度合いの高い物まで、複数のトレーニングを段階的に、かつ並行して行い、高い効果を発揮しています。

現在病院にて投薬治療を受けていらっしゃる方、症状は苦しいものの薬に抵抗がある方、など、これまでなさってこられた事や、ご希望がその方によって大きく異なる事も、睡眠のご相談の特徴です。

その方に併せて、安定して睡眠が取れる効果的なトレーニングを行ってゆきます。
まずは、初回相談で、その詳細をご案内致します。